プレイクラブ体位追加5 体位ファイルの仕組みとTextAsset - plastic bullet

スポンサーサイト

--/--/-- Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレイクラブ体位追加5 体位ファイルの仕組みとTextAsset

2016/08/27 0 Category : プレイクラブ改造Tips
モーション編集をする前に、今回は体位ファイルの中身について書いてみたいと思います。


・体位ファイル構成する3つの要素

Animator

AnimationClipで動かす素体。複数のボーンで構成される。
通常男女2種類分でFとMが入っており、複数プレイの場合Aが増えたりする。

Animation

AnimationControllerでAnimationClipを再生する。
AnimationControllerの下にAnimationOverrideControllerが配置されている場合もある。

TextAsset

Animationを動かすに当たっての設定ファイル。

この3つは密接に絡み合っており、ボーン構造が違えばAnimationはまともに動きませんし、Animationを編集するのであればTextAssetでどんな設定をするとどういう動きをするのかも考えていかないと意図通りの動作をさせる事は出来ません。

そんな訳で、今回はモーションを編集する前にTextAssetで何が出来るかを見てみましょう。

※自分もTextAssetファイルを全部確認した訳では無いので、下記の設定項目が全てとは限りません。

Hスタイル設定(H_style)

Level
開発度指定。初回、嫌悪、普通、快感の4つ。
表情とか声に影響するのかな?

assort
相手指定。
普通、巨漢、乞食、ショタ、レズ、男4女1、男1女2がある。
例えば乞食と指定した場合汚い男のメニューにその体位が追加される。相手キャラクターの容姿が変わる訳では無いので注意。

type
行為指定
挿入、奉仕、愛撫。これもassortと同じで、この体位が追加されるメニューが変更される。assortとは違って再生されるアニメーションと操作UIもそれ用に変更される。

name
体位の名前指定。
ゲーム中で表示される名前はここで指定した名前に開発度が付く。
例:正常位(快)など。

file
使用するファイル。AnimationControllerを指定していると思われる。

pos
行為の場所。マップ内の位置を決める。
ベッド、椅子、床、壁がある。

variation
一部のファイルで指定されている。
resources.assetsの中のファイルを覗いても良く分からない。

行為設定(Act)

type
アニメーション名ではなくアクション名での設定のようです。

voice
音声設定。キスや舐め、喘ぎ。

flag
表情の設定。舌のアニメーションがあれば、フェラに設定した場合舌を出してアニメーションする。

voiceとflagに関しては、同じ興奮度の設定は一緒にしないと動かないと思います。
例えば、LoopExPとLoopExGの設定は共通にしないと最初に設定した方しか反映されません。

胸ロック設定(Bustlock)

anime
member
type


アニメーションを指定して乳揺れをロック?
これをしないと乳揉みのモーションの邪魔になって結果乳揉みモーションが正常に動かないという感じでは無いかと。

絶頂(XTC)

variaton 調べてません
maleIn  口内射精を可能にするかどうか
maleOut 口外射精を可能にするかどうか
female 女性絶頂させるかどうか
sync 同時絶頂をさせるかどうか

これはHH、HA用の設定だと思います。

フェラ、クンニ口(Mouth)

anime どのAnimationに適用するかの指定?
member 男か女か
value Animationのどの位置を使うか?
tinScale 調べてません
defPos 調べてません

これも本来HHやHA向けの設定だと思いますが、恐らくHSでも動くんじゃないかな…。

IK指定(IK)
ゲーム内でボーン同士をくっつけて動かす指定。
乳揉みなどはこれで指定しないとモーションが上手く同期してくれない。

IK ikMember
0が男で1が女。3Pになると2が登場する。

ikType
ikMemberで指定したキャラクターのどの部分をくっつけるか。
多分ArmLとArmRしか設定できない。

※resources.assets内のIK_MやIK_FファイルではHandのLRがある物の、逆にArmRとArmLの名前がIK_ファイルにもIK_Targetファイルにも見当たらないので余り参考にならないのかも?

toItem
FalseとTrue。
恐らく拘束(普)の手枷や、ロープやバイブ等とくっつける時にTrueにすると思われる。

targetMember
相手指定。0の相手に0を指定して自分のちんこを握らせたりも出来る。

targetObj
相手先のオブジェクト指定。
resources.assets内のIK_Target系ファイルを参照の事。

anime
どのアニメーションの再生中に上記の設定を反映させるか。

カメラ指定
ライト指定


いじった事が無いので割愛。編集前と編集後の体位に大きな違いが無ければ初期カメラずれも起こらないだろうから特にいじる必要は無いと思われる。
※ただし、ここの指定が体位に合わないとHFにある追加体位のように初期カメラの位置がおかしくなるのだと思われる。

05_00.jpg

TextAssetの書き方に関しては、色々なTextAssetファイルを開いてみて調べてみて下さい。TextAssetの中を見ればアニメの確認等いちいちしなくても把握できるので便利です。
関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。