理想の動画作成の為に2 - plastic bullet

理想の動画作成の為に2

2016/10/14 0 Category : プレイクラブ改造Tips
AV_01.jpg

ちょっと間隔が開いてしまいましたが…。

理想の動画を作るにはまず…。

理想のキャラクターが作れなければ何も始まりませんね!

キャラの見た目は個人の好みですし、プレイクラブも発売して一年以上経過していますから、大体の人はもう好みのキャラを作成済みかと思います。

キャラクターのクオリティを上げるMODを入れるとすれば肌テクスチャと顔テクスチャですが、自分は「やっつけテクスチャ2.5」と、顔テクスチャをいくつか入れています。顔はテクスチャで雰囲気が全然変わってきますので、好みの顔テクスチャを探す旅に出るのも良いかと思います。

後は衣装や髪型ですが、色々な方が色々な衣装や髪型を公開されていますので、シチュエーションにあわせて選べば良いと思いますが、自作という手もありますね。

ただ、自分もいくつか作りましたけれども、衣装も髪型もモデリングが関わってきますから、やればやる程泥沼ですね…。既存のボーンにあわせるにしても、モデリングしてマッピングして…の作業は本当に大変だと思います。

今回の記事のトップ画像は、メタセコイアで球体をカットしてやっつけで作った後ろ髪ですが、前から見ると見れなくもないけど…。

AV_02.jpg

後ろから見るとヒドイ!

AV_03.png

後はスケベな下着が欲しくて作ってはみたものの、おっぱいのサイズによっては乳がはみ出してしまうコルセットとか…。

※ちなみにこのガーターベルトとストッキングは肌に貼り付けた物をSkintexmodで使用しています。肌と一体化させるメリットとしては、全裸にしても脱げない、という所です。現在のShortcutsは衣装の個別着脱に対応しているので今となってはこだわる必要も無い所ではありますけどね。

まあ…細部はともかく雰囲気が出ればいいや、というのであればこの程度でも充分使い物になるので、興味がある人は挑戦してみるのも良いのではないでしょうか。改造の入り口としては丁度いいですしねぇ。

さて、ここまでは書いた部分普通にやってれば普通に終わってる話ではあるのですが、自分が一番重要視しているのは、実は"声"であります。

キャラクターに命を吹き込む最後のピースが声だと思うのですが、デフォルト音声だけだとバリエーションが少ない。というか、ここを差し替えられれば可能性は無限大に広がる訳ですよ。

音声の差し替えはOggやWavでファイルを直接いじる方法もありますが、EusthEnoptEron氏作の「Anan-Naitegoran」で差し替えるのが一番お手軽だと思います。

「Anan-Naitegoran」自体はそれ程使い方の難しいツールでは無いのですが、まともに差し替えようと思うと作業量が半端じゃないので、根気が必要な作業になってきます。

音声用のフォルダを作成するのも面倒なので、まずはプレイクラブ用アップローダー2から「プレイクラブ ゆなvoice差し替え支援バッチファイル.zip」をダウンロードしましょう。

こちらはIllusionの「俺が主人公!」から差し替え音声を抜き出す支援プログラムですが、別に俺が主人公が無くても、ただダブルクリックすだけでAnan-Naitegoran用の音声フォルダを自動で作成してくれる上、音声の再生条件が書いてあるテキストファイルまで同梱されているという至れり尽くせりの優れものなんですよ。

さて、フォルダが出来たら差し替え用の音声を用意するんですけれども…。
まあフォルダの数を見た時点で気力が萎えた方も多いと思います。

ただですね、あんまり難しく考える必要は無いんですよ。
重要なのはLOOPフォルダのLoop音声(あえぎ声類)とWAIT音声(待機中音声)、各種Spurt音声(興奮度80%越え音声)、それとXTC音声(絶頂音声)くらいです。

他のフォルダには無音でもいいし何か一言「あっ」とでも言ってるのを1個入れておけば(一個も入ってないとデフォルトの音声が流れてしまう)問題無いはずです。

※TALK音声はShortcutsでの自動再生中に流そうと思うとAutovoice.dllが必要になりますが、これは現在は公開中止になっているのかな?

次は音声素材ですが、これは好みの音声を何か他のゲームから移植するのが楽でしょう。好きな声優さんでもいるのであれば、売れない頃にエロゲーに出てたりしないかチェックしてみるのもいいんじゃないですかね!

※エロアニメだと大体BGMとか入っちゃうから素材としてはちょっと使いにくい。

個人的にはジンコウガクエンが音声素材として非常にオススメです。



単語ごとに区切られて、かつ組み合わせ易い淫語が盛り沢山ですし、声のバリエーションも豊かですからね。ゲームとしてはともかく、音声素材の汎用性の高さと言う意味では続編のジンコウガクエン2よりも遥かに優秀です。

さて、移植元も決まった所でこれで解決!と行かないのが音声移植の難しい所で、実は一番大変なのはここからです。1000個くらいあるファイルから目的の音声を探さないといけませんからね~…。

自分はいつもどうしているかと言うと…一個一個聴いてます!

面倒臭いけどこれが一番確実ですからね…。

そして目的の音声を探したらフォルダに振り分けて行くのですが、まあLOOP音声は10秒くらいのあえぎ声を2,3個入れておけば充分でしょう。

※あえぎ声に台詞入りのを使う場合は種類を多くしないと同じ台詞ばかり喋って興醒めなので注意が必要です。

LOOPのフェラ、キス、舐め、サービス辺りは、別に同じ音声でもあんまり問題無いので、それっぽい音声を探せてしまえば後はどうにでもなります。

一番重要なのは興奮度80%越えで流れるSPURT音声。
フィニッシュシーン直前で興奮度を80%越えにする事で台詞を喋ってくれますので、15秒位の長台詞を入れておくと良いでしょう。
絶頂台詞なんかも作成しなきゃいけませんが、これは、適当に叫び声と「イク」みたいな台詞を繋げて10秒くらいのを用意しておけば良いでしょう(投げやり)

※WAVEファイルの編集が出来るとより淫語の組み合わせから長さの調整など色々と捗りますので、Soundengine Free辺りを使ってみると良いでしょう。

こういう作業の果てに何が待っているのかと言うとですね、興奮度が80%を越えると

「ねぇ…我慢しないで…どろどろの精子一杯出しなさい…!」

とか喋るようなキャラが出来上がる、と。

ええ、俺はエロに関してはストレイツォ並みに容赦しない男ですよ。

正直音声差し替えだけは本当に面倒臭くて、追加体位なんかだと別に一日二個位だったら気分が乗ればやってもいいかな、と思いますけど、音声差し替えは4日くらいで一人分が限度というか、一度やったらもう二度とやりたいと思わないんですけれども。

※実際、結構な期間プレイクラブをいじってますけど、4人分くらいしか作ってない。

ただ、上手に出来ればその効果は非常に大きいですし、動画撮影をやるなら是非挑戦して頂きたい所ですよ!

以上、プレイクラブの動画撮影におけるキャラ作成のお話でした。

関連記事

コメント

非公開コメント